爪水虫を家族や子供にうつさないために!有償ボランティアで治しましょう

このサイトでは、「爪水虫は家族にうつる?」、「子供や赤ちゃんにもうつるの?」と心配なあなたに、謝礼を受け取りながら爪水虫を治せる方法(有償ボランティア)を紹介しています。

 

日本人の10人に1人の割合でかかっているといわれている爪水虫(爪白癬)。

 

多くの人が爪水虫になっていますが、水虫と違ってかゆくなったり、痛くなったりしないので「本格的に治療しよう」という気にならないことも多いようです。

 

でも、

 

  • 爪が白色や黄色に変色してデコボコに…
  • 爪が分厚くなっていびつな爪に変形…
  • 爪水虫で病院に行くのが恥ずかしい…
  • サンダル・ミュールが履けないのがショック…
  • 海に行っても素足を見られたくないから心から楽しめない…

 

と悩んでいることも事実。

 

 

爪水虫を放置すると家庭内でうつしやすい

爪水虫になった爪は分厚く変形して、ボロボロと崩れやすくなってますよね?

 

実は、その崩れ落ちた爪には水虫菌がたくさん潜んでいるんです。

 

そのまま放っておくと、

 

  • 爪水虫じゃない家族にもうつしてしまう
  • 子供や赤ちゃんにもうつしてしまう危険がある
  • 家族にも将来同じようにつらい思いをさせてしまう
  • 爪水虫は自力では治らない
  • 他の爪にもうつって悪循環

 

と大きな後悔をすることになります。

 

 

謝礼を受け取りながら爪水虫を無料で治せる方法

爪水虫のコンプレックスを抱えながら放置しているなら、爪水虫を無料で治せる方法がおすすめです。

 

それはどんな方法かというと、謝礼(負担軽減費)を受け取りながら爪水虫の治療ができる治験(有償ボランティア)です。

 

放置していた爪水虫が治ったら、明るい未来がまってますよ^^

 

  • 多くの人がいる前で素足・裸足ですごしても恥ずかしくない
  • 堂々とサンダル・ミュールが履けておしゃれが楽しめる
  • なにより家族や赤ちゃん・友人にうつす心配がなくなる

 

砂浜のビーチサンダル

 

 

爪水虫を実質無料で治せる治験のデメリット

とはいっても、少なからず爪水虫の治験に通うデメリットもあるので考えてみましょう。

 

  • 初診料や再診料はかかる
  • 通院のために家から通う必要がある
  • 参加期間は約1年(1ヵ月に1〜2回通院)
  • 足の親指に爪水虫の症状がない場合は参加できない
  • 3ヵ月以内に治験に参加している場合も参加できない

 

参加できる年齢は20歳〜70歳まで。

 

 

爪水虫を実質無料で治せる治験のメリット

爪水虫の治験に参加するメリットは、これからのあなたの未来が大きく変わることです。

 

  • 負担軽減費(謝礼)を受け取りながら専門医の元で治療できる
  • 自費だと安くない薬が必要だけど、治験なら実質無料
  • 職場や自宅から近い病院・クリニックで受けられる

 

 

「爪水虫を治すのはお金も時間もかかるし、皮膚科に行ってわざわざ治療するほどでもない」

と思っていても、大切な家族にうつしてしまってからでは後悔するだけです。

 

変わろうとするのは、いつからでも遅くありません。

 

他人の目を気にしなくてよくなりますし、自分にも自信がもてるようになるので、バラ色の人生に変わりますよ^^

 

 

 

謝礼を受け取りながらコンプレックス解消!

爪水虫の治験サイトへ

 

 

ページの先頭へ戻る